Now Loading...

株式会社オーイズミ・アミュージオと株式会社ケイバブックが贈る最強の競馬総合情報サイト

会員ログイン済み

ニュース

  • 11/16 ミッキーロケットがジャパンCを回避

    11月25日に東京競馬場で行われるジャパンCへの出走を予定していたミッキーロケット(牡5歳、栗東・音無厩舎)は、筋肉痛を発症したため、同レースへの出走を見送ることとなった。

  • 11/16 騎手記録達成あと少し

    村田騎手(美浦)通算400勝あと8勝。西谷騎手(栗東)通算200勝あと1勝。杉原騎手(美浦)通算100勝あと2勝。難波騎手(栗東)通算100勝あと5勝。加藤祥騎手(栗東)通算100勝あと6勝。柴田未騎手(栗東)通算100勝あと8勝。

  • 11/16 調教師記録達成あと少し

    宮本師(栗東)通算300勝あと2勝。清水久師(栗東)通算200勝あと2勝。

  • 11/15 香港騎手招待競走にC.ルメール騎手、武豊騎手の出場が決定

    12月5日に香港のハッピーバレー競馬場で行われる「2018 ロンジン・インターナショナル・ジョッキーズ・チャンピオンシップ」に、JRAからC.ルメール騎手(39歳、栗東・フリー)、武豊騎手(49歳、栗東・フリー)の出場が決まった。同シリーズはナイター開催で、1650mと1000mの4競走(すべてハンデキャップ戦)にて実施。1着12ポイント、2着6ポイント、3着4ポイントのポイントシステムで行われ、合計ポイント1位の騎手に50万香港ドル、2位に20万香港ドル、3位に10万香港ドルが贈られる。出場騎手は以下の通り。
    <出場騎手>C.ルメール、武豊、H.ボウマン(オーストラリア)、Z.パートン(香港)、R.ムーア(イギリス)、S.デソウサ(イギリス)、M.バルザローナ(フランス)、C.キーン(アイルランド)、J.カステリャーノ(アメリカ)、香港所属騎手3名(11月21日時点のリーディング上位2名と上位地元騎手1名)

  • 11/15 W.ビュイック騎手、R.ムーア騎手が短期免許を取得

    ウィリアム・ビュイック騎手(30歳、イギリス)とライアン・ムーア騎手(35歳、イギリス)が短期免許を取得した。詳細は以下の通り。

    ◆ウィリアム・ビュイック騎手
    【期間】
    11月17日〜12月17日
    【身元引受調教師】
    木村哲也調教師(美浦)
    【契約馬主】
    猪熊広次氏

    ◆ライアン・ムーア騎手
    【期間】
    11月17日〜12月3日
    【身元引受調教師】
    堀宣行調教師(美浦)
    【契約馬主】
    吉田和子氏

  • 11/14 京都2歳Sの外国馬は出走辞退

    11月24日に京都競馬場で行われる京都2歳S(G?、芝2000m)に予備登録を行っていた外国馬2頭は、いずれも出走を辞退した。これにより、同競走への外国馬の出走はなくなった。

  • 11/14 アメリカのパヴェルが来日へ――チャンピオンズカップ

    12月2日に中京競馬場で行われるチャンピオンズC(G?、ダート1800m)に予備登録を行い、選出馬となったアメリカのパヴェル(牡4歳、L.モラ厩舎)は、11月21日の7時20分にKZ133便で成田国際空港に到着後、競馬学校に移動する予定。なお、同馬を除く予備登録馬は、すべて出走を辞退した。

  • 11/14 坂井瑠星騎手が海外渡航届を提出

    坂井瑠星騎手(21歳、栗東・矢作厩舎所属)が海外渡航届を提出した。期間は11月15日から11月28日。渡航先はアメリカで、自主研修のため。

  • 11/14 ジョアン・モレイラ騎手が海外渡航届提出

    短期免許で来日中のジョアン・モレイラ騎手(35歳、ブラジル)が海外渡航届を提出した。期間は11月18日から11月20日。渡航先は香港。競馬騎乗のため。

  • 11/14 坂井瑠星騎手のオーストラリアでの騎乗成績――11月11日

    オーストラリアに渡航している坂井瑠星騎手(21歳、栗東・フリー)が11月11日、オーストラリアのアララット競馬場で一般レース2鞍に騎乗し、8着(9頭立て)、5着(7頭立て)だった。

  • 11/14 ゴールドアクターが優駿SSで種牡馬入り、2015年秋のグランプリホース

    2015年秋のグランプリホースとして知られるゴールドアクター(牡7歳、父スクリーンヒーロー)が11月2日朝、新冠町の優駿スタリオンステーションに入厩した。来シーズンから種牡馬として第2の生活をスタートさせる。

    ;※詳報は競馬ブックSmart、競馬ブックweb、webライトの各コラム、または週刊競馬ブックの日高通信365に記載しております。

  • 11/14 スタージョッキーが集結、門別で復興支援競走

    ホッカイドウ競馬グランシャリオナイター開催中の門別競馬場で11月1日、北海道胆振東部地震復興支援競走「門別グランシャリオジョッキーズ」(騎手招待競走)が行われ、JRAとNAR他地区から招待されたトップジョッキーがホッカイドウ競馬所属騎手と腕を競い、被災地から観戦に訪れた住民やファンに元気を与えた。

    ※詳報は週刊競馬ブックの日高通信365に記載しております。

  • 11/14 JRA重賞勝ち馬が100頭に到達、ディープインパクト

    11月4日に京都競馬場で行われたG?JBCレディスクラシックにおいて、ディープインパクト産駒のアンジュデジール(牝4歳、栗東・昆貢厩舎)がJRA重賞初制覇を飾り、ディープインパクト(牡16歳、父サンデーサイレンス)は100頭目のJRA重賞勝ち馬を送り出す快挙を成し遂げた。

    ※詳報は週刊競馬ブックの日高通信365に記載しております。

  • 11/14 G?北海道2歳優駿で誤審、1着2着を逆に判定(ホッカイドウ競馬)

    ホッカイドウ競馬を主催する北海道農政部競馬事業室は11月2日、門別競馬場で1日に行われたG?北海道2歳優駿において、1着と2着を逆に判定する誤審があったことを発表した。

    ※詳報は週刊競馬ブックの日高通信365に記載しております。

  • 11/14 ステイゴールドがJRA通算1013勝、歴代19位に

    11月3日の東京9R南武特別において、ステイゴールド産駒のオジュウチョウサン(牡7歳、美浦・和田正一郎厩舎)が勝利を収め、ステイゴールド(牡、父サンデーサイレンス)はチャイナロックを抜いて歴代19位となるJRA通算1013勝を達成した。

    ※詳報は週刊競馬ブックの日高通信365に記載しております。

  • 11/11 秋山真一郎騎手が騎乗停止に

    11月11日の京都競馬第6Rにおいて、4コーナーでメイショウワザシが内側に斜行したため、エトワールドパリ、ロッタラブ、アサケハーツが転倒した。メイショウワザシに騎乗した秋山真一郎騎手(39歳、栗東・フリー)は11月17日から11月18日まで騎乗停止となった。

  • 11/11 植野貴也騎手が騎乗停止に

    11月11日の福島競馬第4Rでブレイクスピアーが1周目1号障害手前で内側に斜行したため、同障害飛越時にメイショウゴウリキとトルークマクトの進路が狭くなって両馬が接触。トルークマクトの騎手がバランスを崩して落馬した。ブレイクスピアーに騎乗した植野貴也騎手(43歳、栗東・フリー)は11月17日から11月25日まで騎乗停止となった。

  • 11/11 ジョアン・モレイラ騎手がJRA通算100勝

    11月11日の京都競馬第9Rでコスモカレンドゥラが1着となり、騎乗したジョアン・モレイラ騎手(35歳、ブラジル)が14年6月8日の初騎乗以来294戦目でJRA通算100勝を達成した。
    モレイラ騎手:短期免許でしか来ていないのに100勝できたことは非常に嬉しいです。勝つことは簡単なことではないのは分かっているので、自分の力だけでなく、調教師や馬主、協力していただいている方や、いつも応援してくれている方のおかげで達成することができたと思っています。

  • 11/11 ジャパンCの外国馬2頭は15日に来日

    11月25日に東京競馬場で行われるジャパンC(G?、芝2400m)に出走を予定している愛国のカプリ(牡4歳、A.オブライエン厩舎)、英国のサンダリングブルー(セン5歳、D.ムニュイジエ厩舎)は、11月15日16時55分にLH8386便で成田国際空港に到着したあと、競馬学校に移動する予定。

  • 11/11 中竹和也調教師がJRA通算500勝

    11月11日の福島競馬第5Rでメリオラ(牡4歳)が1着となり、同馬を管理する中竹和也調教師(53歳、栗東)が99年3月27日の管理馬初出走以来5569戦目でJRA通算500勝を達成した。現役28人目。重賞はジョーカプチーノで09年NHKマイルC(G?)を制するなど16勝。
    中竹師:500回も勝たせていただいたことは夢のようで光栄です。500勝の至るまで、反省点や見直さなければならないこともありました。そういったことをクリアしながら、これからも一頭一頭大事に出走させていきたいと思います。

このページの先頭へ