Now Loading...

株式会社オーイズミ・アミュージオと株式会社ケイバブックが贈る最強の競馬総合情報サイト

会員ログイン済み

ニュース

  • 10/16 リスグラシュー、クルーガーが追い切りを消化――10月16日

    10月26日にオーストラリアのムーニーバレー競馬場で行われるコックスプレート(G?、芝2040m)に出走予定のリスグラシュー(牝5歳、栗東・矢作厩舎)及びクルーガー(牡7歳、栗東・高野厩舎)が追い切りを消化した。詳細は以下の通り。

    10月16日 ムーニーバレー競馬場
    芝コース − リスグラシュー(ダミアン・レーン騎手が騎乗)とクルーガー(トミー・ベリー騎手が騎乗)の2頭で併せ馬
    5Fからリスグラシューがクルーガーを追走
    残り3Fで馬体を併せ、最後を馬なりで伸ばす

    リスグラシュー
    岡助手:輸送も無事にクリアし、環境に慣れるのも早く、馬が落ち着いているのが何よりです。そんな中でこれまで順調にきていると思います。今日の調教も満足のいくものでした。この後も馬の状態をみて、調整を続けたいと思います。

    レーン騎手:前回阪神競馬場で見た時と変わらない印象で、順調にきていると思います。今日も動き良くいい感触で、ムーニーバレーの馬場にも上手く対応していました。彼女は適応力が高く、どんな展開でも対応できるので、レースでもいい走りが出来ると思います。

    クルーガー
    小川助手:今日の調教は動き良く、引き揚げた後の息の入りも良かったです。これまで不安なく順調に来ています。来週22日(火)に最終追い切りの予定で、それまで馬の様子を確認しながら、調整を進めます。

    T.ベリー騎手:シドニーで騎乗した時よりも状態は良く感じました。リラックスした走りで、リスグラシューと馬体を併せると反応して、最後は力強さを見せてくれました。このような状態で戻ってきてくれたことを嬉しく思います。初めて経験する小回りのムーニーバレーの馬場をしっかりこなしてくれたことも印象的でした。コックスプレートでは枠順も重要ですので、いい枠に入ることを願っています。

  • 10/16 オールブラッシュが船橋競馬に移籍

    17年川崎記念(Jpn?)などに優勝したオールブラッシュ(牡7歳、栗東・村山厩舎)が10月16日付でJRAの競走馬登録を抹消された。今後は船橋競馬に移籍する予定。

  • 10/16 ディアドラが追い切りを消化――10月15日

    現地時間10月19日にイギリスのアスコット競馬場で行われるチャンピオンステークス(G?、芝1990m)に出走予定のディアドラ(牝5歳、栗東・橋田厩舎)が追い切りを消化した。詳細は以下の通り。

    現地時間10月15日 ニューマーケット調教場 アルバハスリ ポリトラックコース
    追い切り 7.5F 馬なり O.マーフィー騎手騎乗

    橋田師:前走(アイリッシュチャンピオンステークス)後の消耗も少なく、すぐ回復しました。今日の追い切りはマーフィー騎手に騎乗してもらい、最後まで馬なりのまましっかり駆け上がってきました。息の入りも良く、調子は良いと思います。前回アスコットで走った時(プリンスオブウェールズステークス)は、馬にとって初めてのこちらの競馬で、かつ急な雨が降り、馬にとって厳しい状況でしたが、最後までへこたれずに頑張ってくれていました。アスコット競馬場も馬場の維持に努めてくれているようですし、何とか走れる状態をキープしてくれることを願っています。

    マーフィー騎手:とてもいい状態だと思います。今回は、今まで自分が乗った中で一番長めに追い切りましたが、最後までしっかりした手応えでした。今回も応援よろしくお願いします。

  • 10/16 米国遠征マテラスカイ、フルフラットの出国日程

    アメリカに遠征を予定しているマテラスカイ(牡5歳、栗東・森厩舎)、フルフラット(牡2歳、栗東・森厩舎)の出国日程および輸出検疫期間は下記の通り。

    出国日
    2019年10月24日(木)
    出国便
    KZ108便 成田国際空港 10:30発
    輸出検疫場所
    美浦トレーニングセンター
    輸出検疫期間
    2019年10月15日(火)〜10月24日(木)

  • 10/15 メールドグラースが追い切りを消化――10月15日

    10月19日にオーストラリアのコーフィールド競馬場で行われるコーフィールドカップ(G?、芝2400m)に出走予定のメールドグラース(牡4歳、栗東・清水久厩舎)が、10月15日に追い切りを消化した。詳細は以下の通り。

    ●メールドグラース
    コーフィールド競馬場
    芝コース 単走で半マイルから最後を馬なりで伸ばす
    ダミアン・レーン 騎手騎乗(レースでも騎乗予定)

    レーン騎手:体つきが良く、調教の動きは良かったです。日本で騎乗した時の印象から、コーフィールドカップは合うと思いました。彼は戦績良く、調子を上げている馬ですので、土曜日にレースで騎乗するのを楽しみにしています。

  • 10/16 大野拓弥騎手がJRA通算10000回騎乗達成

    10月15日の東京競馬第4Rでニュートンテソーロに騎乗した大野拓弥騎手(33歳、美浦・フリー)が、05年3月5日のJRA初騎乗以来、10000回騎乗を達成した。史上39人目、現役では26人目。記録達成時JRA通算537勝。重賞はスノードラゴンで制した14年スプリンターズS、サウンドトゥルーで制した16年チャンピオンズCのG?2勝を含む9勝。
    大野騎手:10000回騎乗を達成できたのは、関係者の皆様の支援、ファンの方々の応援、そして競走馬の頑張りがあってのことだと思います。区切りの騎乗ですので、あらためて感謝の気持ちで一杯ですし、今後もその気持ちを忘れずに、一鞍一鞍乗っていきたいです。

このページの先頭へ